「心拍から自律神経の乱れ=ストレスサインをチェック!」

大切なのは自分の「ストレスサイン」を知ること

ストレスは心身に不快な状況をもたらし、多くの疾患にも関わる好ましくないものです。

人によってストレスの受け取り方やその反応は千差万別。自分の「ストレス サイン」を知り、見過ごすことのないよう、いち早くセルフメンテナンスすることが大切です。

ストレススキャナー

自律神経は交感神経と交換神経に分かれバランスをとりながら働いています。

自律神経のコントロールは無意識のうちに行われていますが、バランスが崩れると動悸や頭痛、不整脈、食欲不振といった様々な不調が生じてきます。「ストレススキャナー」5分ほどの心拍を両手首にクリップを装着し計測。その結果を分析して自律神経バランスをPCの画面で確認できる測定器です。

ストレススキャナー

Stress Scanner®(ストレス・スキャナー)
(心拍測定)から得られる情報

  • 自律神経バランス
  • 神経液性バランス
  • 精神感情状態
  • 調和レベル
  • 生物学的年齢
  • オーラ(エネルギー)レベル
  • チャクラバランス
  • 経絡レベル